手術」カテゴリーアーカイブ

かんとん包茎カルテ

カントン包茎の隠れた悩み

包茎の種類と症状については、ブログやサイト内でも詳しく取り上げていますが、今回はカントン包茎の隠れた悩みについてご紹介します。
カントン包茎患者は、絞扼が強く平静時にも剥くのが困難な真性包茎に近いタイプと、絞扼が弱いので平静時は容易に剥け仮性包茎と変わらないタイプの2通りに大きくは分類できます。
そして、後者のタイプの方の中、特に絞扼の弱い方の8割がたは、勃起してくると亀頭の半分は露出してきてしまいます。
このとき無理やり被せてコンドームをすると、小さいシャツを無理やり着せられたようなツッパリ感が酷く、性感がまったく損なわれてしまい射精などとても望めません。かといって剥けた状態でコンドームをつけてしまうと、今度は勃起につれて締め付けの痛みが酷くなりやはり性交どころではなくなってしまうというジレンマに陥ってしまいます。
このような方は、コンドームを装着できない人がほとんどです。
カントン包茎患者が、ある意味、真性包茎よりも悩みが深刻な場合が多いのはこのためです。
無理なコンドーム装着を続けた結果、包皮炎が慢性化してしまっているケースも少なくはありません。
また、この後者のタイプは締め付けにもかかわらず、余った包皮がさほどなく手術が困難なケースも多いのが特徴です。
このタイプの患者では、適切な手術を施さない限り、傷跡が目立つ目立たないにかかわらず再手術が必要になります。
すべての包茎手術で言えることですが、カントン包茎の方は特に、手術費用の安さや広告のイメージなどで安易にクリニックを選ばないことが重要です。

包茎手術:術後の経過

当院には、他のクリニックで包茎手術を受けたものの傷跡が目立つとかで来院される患者さまが、たくさんご来院されます。
傷跡の修正の具体例については、「修正手術」のページに詳細を書いていますので、そちらをご覧いただければと思います。
ここでは、術後の経過について、少し詳しく書いてみます。

術後の経過について

傷跡の修正を希望されてご来院される方に、前の病院での術前術後のやり取りをお聞きしていると、ほとんどが広告等で有名なクリニックかネット検索でヒットする泌尿器科クリニックで手術を受けた方ばかりですが、手術手技の稚拙はさておき、術後の指導も不十分であったり、スタッフのマニュアル対応の一点張りであるケースがかなりの頻度で見受けられることに気が付きます。
手術の仕上がり自体は平均レベルであったとしても、術後の指導が不適切であるために術後にトラブルが生じてしまい、その結果、不具合な仕上がりになってしまうというケースも珍しくありません。

術後の状態と過ごし方

基本的に、包茎手術直後はしばらくペニス本体の広域にわたって内出血が持続します。たしかに縫合してあるのは亀頭下をグル
リと1周した線上だけですが、現実にはかなりの余分な包皮を切除した上で縫合しているので、ペニス本体の広い範囲の包皮下でわずかな出血が続いているわけです。
したがって、少なくとも1週間は縫合線上ではなく、ペニス全体をミイラ男のように包帯でグルグル巻きにする必要があります。
これにより、圧迫により止血効果も高まります。
この包帯固定が甘い、包帯交換の指導が不十分であったりすると、ペニス包皮下に血が溜まり瘤のようになります(血腫)。バット状のペニスが、野球のボールのようになることもあります。このようになった場合は、すぐに溜まった血腫を除去すれば何も問題がないのですが、それが遅れると様々な問題が生じてしまいます。
術後の1週間の過ごし方が決定的に重要であるということです。
過剰な広告をしていないから、一般病院(あるいはその系列)だから安心というものでないことは、当院ホームページの「包茎手術とは」でも説明している通りで、単純に手術手技が下手なだけということがほとんどでしょう。
広告やら、無意味な肩書やらに惑わされないで、自分にとってのブラックジャックを見つけようとする姿勢が大切です。

包茎手術は1つの勇気と決断が人生を切り拓くこともある!

手術にかかる日数と術後について

包茎手術でご来院の方には、わざわざ有給休暇を取って来られる方がいらっしゃいます。もちろん、すぐに終わる手術とはいえ、術後はゆっくりしたいということで有給をお取りになるのは、それはそれで意味あることかと思います。
ただ、長期の旅行などを考えて有給を貯めていらっしゃる方であれば、せっかくの有給休暇をわざわざ使うほどのものでもありません。せいぜい、ゆっくりできるお休みの日の前日とかで十分でしょう。正確に統計を取ってるわけではありませんが、当院で包茎手術を受けられた患者様に関してですと、半数近くの方は翌日も普段通りに会社や学校に行かれています。そして、何事もなく平穏にお仕事、学業に従事されています。当院での包茎手術は、そういう意味でも、まさに気軽に手術を受けて帰れる、ほとんど普段通りに生活できる医療といえるでしょう。

術後の制限といえば、飲酒を3~4日間、激しいスポーツ(野球、サッカー、格闘技など)を2週間ほど控えていただくくらいです。ジョギングはもちろん、卓球やバドミントンなどであれば、翌日からでも問題ありません。
患部の状態は1週間だけ、ミイラ男のように包帯でグルグル巻きにしていただきますが、外部からはまったくわかりません。したがって、手術の翌日であっても、手術を受けたことは他人には絶対にわかりません。

包茎手術の心配と術後の人生

技術のある医師のもとで施術を受ける限り、包茎手術は何の心配もない手術だと言ってよいでしょう。
異性のみならず、同性の前でも、コンプレックスからタオルで前を隠さないと裸になれない人は、包茎手術によって人生が変わるといっても過言ではないでしょう。
陰毛がからまる、特有の臭いがする、炎症を起こしやすい、包皮や亀頭に痛みが出やすい等の自覚症状から手術を決意するのはありきたりですが、美容整形を受ける方と同じくコンプレックスを理由に積極的に包茎手術を検討されている方は、ご自身の決断に自信をもって、期待に胸を膨らませて手術に臨んでいただければと思います。

当院で包茎手術を受けられた患者様の声も、一部ご紹介しております。

包茎手術のメリット

包茎手術のメリット

真性包茎やかんとん包茎は、手術の絶対適応と言われることからも明らかなように、手術のメリットは計り知れません。
完全に亀頭が包皮で覆われていて、一見しただけでは真性包茎か仮性包茎か区別がつかないようなタイプの仮性包茎も、事実上は真性包茎やかんとん包茎と同視できるので同様です。

では、それ以外の軽度の仮性包茎、すなわち普段は亀頭の先が少し(あるいは、それ以上)露出しているようなタイプの場合、包茎手術のメリットはどれくらいあるのでしょうか。
小さい靴を履くことで足の健全な発育が阻害されるのと同じで、真性包茎やかんとん包茎では、一般にペニスの発育が不十分になるケースが多いと言えます。
強い男性のイメージからは逞しいペニスが結びつきやすく、逞しいペニスから人が連想するのが大きく反り立った剥けたペニスであることも、古来からの無数の人々の経験の集積と考えると説明がつきます。
包茎でいることを恥ずかしいと感じるかどうかは、個人の感性もありますが、その国の歴史や文化によっても異なります。他方で、包茎であったとしても、それを恥じる必要など全くないと言うのが正論なのかもしれません。しかしながら、コンプレックスというもの自体が、そもそも論理思考と相容れないものである以上、コンプレックスの中身についての正当性を議論などしても無意味です。
日本では、包茎を恥じる意識が、あらゆる年齢層、あらゆる地域で広く共有されている以上、もし仮性包茎でコンプレックスを持っている男性がいるならば、コンプレックスからの解放、それだけでも包茎手術の意義は十分にあるといえるでしょう。
思春期までに剥けた男性に、早漏の悩みを持つ人がほとんどいないことからも明らかですが、包茎手術により、見た目だけではなく実際面でも、性交渉時に強さを実感できるようになるメリットも挙げられるでしょう。

包茎手術と美容整形手術は似ている

健康や余命に影響がある手術だけが、有意義な手術という訳ではありません。
目が小さい、鼻が低いというコンプレックスで人と目を合わせるのが苦手になってしまっていた人にとっては、美容整形手術は、大げさに言えば、憧れに近い姿に生まれ変わるくらいの絶大なインパクトがあります。
包茎で悩んでいる人がいるならば、包茎手術もまったく同じで、悩みが強ければ強いほど術後の喜びは大きいと言えるでしょう。「空の青さが違って見えました!」、そんな感想を頂いたことがあります。
一度きりの人生です。後悔しない人生にしたいものです。
包茎であることで悩んでいる方が、包茎手術に勇気を持って一歩踏み出すならば、それは人生を栄えあるものに変える一歩に必ずや繋がることでしょう。

真性包茎とかんとん包茎の手術

真性包茎とかんとん包茎の区別は、実は相対的です。

多くの境界型の真性包茎だと、無理やり剥けば、かんとん包茎と言えなくもありません。
このタイプに共通するのは、わかりやすく説明すると、包皮のかなりの部分の周径が、陰茎の周径よりも狭いということです。
そして、包茎手術は余った包皮を切除するのですが、このタイプの場合は、この腹巻状の狭い部分(狭窄部)は絶対に切除しなければならないということです。
真性包茎、かんとん包茎の手術が、美しく仕上げるためには、仮性包茎に比べて一般的に難易度を増すのもこのためです。
(ちなみに、傷口である縫合ラインを亀頭直下ではなく、ペニスの中央付近に置く通常の泌尿器科での術式の場合は、さほど難易度は増しません。)
亀頭直下に縫合部を持ってくるには、余った包皮の幅がXcmだとすると、普通ならば切除する腹巻状の包皮は、上限が亀頭直下、下限は上限ラインからXcm下がったラインになるはずです。(細かなデザイン補正は無視してお話しています。)
この範囲の中に、先に述べた絶対に切除しなければならない狭窄部すべてが含まれていれば問題ありません。
ただ、通常この狭窄部は亀頭直下からかなり下がった位置に存在するので、狭窄部が広い場合だと、この範囲には入りきりません。

包茎手術するクリニック選びの重要性

未熟な医師の場合、亀頭直下に拘泥して、狭窄部を亀頭下に残したまま縫合するといったトラブルも見受けられます。このような場合は、多くの場合、再手術が必要になります。このようなケースでもなお縫合部を亀頭直下に設定するには高度の技術が必要になります。
仮性包茎でも、過大な広告に惑わされて結果的に想定外に高くつき、挙句また手術を受ける例は枚挙に暇がありませんが、真性包茎・かんとん包茎の場合は、術後の仕上がりの出来映え以前の問題があるので、誇大な広告や安い料金などを度外視した上での慎重なクリニック選びが必要になります。

包茎手術の流れ

包茎専門と称するチェーン系クリニックのようにクランプを使うところは論外として、ここではメスを使って美容外科医が包茎手術を執刀する場合の流れを説明することにします。もちろん、医師により微妙な差はありますが大きな流れは変わりません。

(1)まずは、切除範囲を決めるデザインを行います。

オーダーメードで洋服をする場合のデザイン、採寸に相当する部分で、仕上がりの出来栄えに決定的な影響を及ぼします。通常、10分~15分です。外科医の腕の見せ所なので、詳しいことは書けませんが、平常時のペニスと勃起時のペニスの状態を正確に見極めないと悲惨な結果に終わります。平常時と勃起時でかなりの差がでる人の場合など、優れた経験と技術をもって施術しないと、術後にすごく突っ張ったり、逆に手術をしたのに普段から皮が被りぎみになったりしてしまいます。外科医に限った話ではないかもしれませんが、そこそこ経験も積み手慣れて手術ができるようになったときに、技術の研鑽を止めてしまう人間がほとんどです。そうなると、何万例の経験を重ねても向上することはありません。クランプで何万例の症例をこなしても、百例の向上心ある執刀医に及ばないのも、また事実です。

(2)次に麻酔です。

バナナを例に説明しましょう。包皮はバナナの皮、陰茎がバナナの食べる部分である果実に相当することになります。そして、包茎手術はバナナの皮を切る手術で、果実は関係ありませんから、麻酔をするのも当然、ペニスの包皮だけということになります。軽く指先で包皮をつねった位の感覚しかありません。

(3)さて執刀です。

実は、もっとも手術的なイメージの部分ですが、ここは習熟した医師ならば、時間は10分もかかりません。仕立てだと生地の裁断に過ぎません。デザイン通りに裁断するだけです。ここで、十分に止血をしないと術後にボールのように腫れあがる血腫の原因になります。切除、剥離が雑だと止血が困難になります。

(4)〆の縫合です。

名医は、ここに一番時間をかけます。(時間がかかってしまうという方が適切かもしれません。)待合室が混み合い、手技も流れ作業化しているチェーン系クリニックの医師の大半は、この縫合を一般外科の粗さで終えてしまいます。すると包茎手術の傷跡が目立つことになるわけです。縫合が終わると、包帯でペニス全体をミイラ男のように巻き上げます。これで終了です。重度の包茎、複雑な症例でない限りは、1時間もかかりません。手術中も、慣れた医師であれば注意事項を話したり、会話しながら執刀しますので、患者としたら思っていたよりも、すぐに終わってしまう印象ではないでしょうか。

包茎手術の流れは、おおよそ以上に述べたような感じです。一期一会と言ったらなんですが、縁あって当院にいらした患者さまですから、私は最高の技術を提供するだけでは足りず、カウンセリングや手術中の会話を通じて、できる限りの相談、アドバイスを提供できればと心がけています。ただ余分な包皮を切るというだけなら別ですが、美しい仕上がりを実現するには、多くの技量が医師に要求されます。逆に、技量ある医師に任せてしまえば、術中はもちろん、術後についても、何ら不安を抱くこともなく安心して手術を任せられる、そのような手術と言えるでしょう。

包茎手術を受ける前に

包茎は小さい頃から皮を剥いておいた方が良いのか?

生まれた時は、みんな包茎です。

これが、将来的に剥けてくるか、包茎のままであるかは、遺伝要素のみではなく様々な生活習慣によると言えます。包茎であるとして、真性・かんとん・仮性のいずれのタイプになるかも同じです。見方を変えると、遺伝的要素は自分ではどうにもなりませんが、生活習慣を工夫することで包茎を予防・回避、または改善できるということです。正直なところ、思春期を過ぎてしまうと、包茎は手術以外には治りません。裾の長すぎるズボンは寸法直しをしない限りは、裾を引き摺ったままなのと同じです。今回は思春期までのケアを書いてみます。

幼児期から思春期にかけて行う包茎のケア

まずは、包茎になる決定的な時期である幼児期、学童期の指導です。そして、この時期は、まだ幼い本人に自助努力など期待できません。親が指導してあげる必要があります。最初は軽い癒着もありますから、お風呂場などで、ゆっくりと剥いてあげる、または、剥いてみるように促してみましょう。急がずに、シールを慎重にきれいに剥がすときのように、ゆっくりとやることが大切です。刺激の少ない石鹸で、お風呂に入ったら皮を剥いて、やさしく洗う。これを、習慣づけることです。そのうちに、なるべく普段も剥いておくように指導するとよいでしょう。被ったままの状態で放置する限り、自然に剥けることなどあり得ません。考えてみれば、当然ですね。

次に中学、高校の時期になると、積極的に剥く習慣をつけることが大切です。これまで剥いたことがない場合は、先の説明と同様のやり方で、お風呂場でゆっくり剥いてみることです。無理することはありません。また、1日で完全に剥ききることもありません。痛みがあるときは、途中まででよいのです。少しずつ、剥く範囲を広げていけば問題ありません。また、この時期では、包皮の先が十分に広がらず、亀頭の途中まで、あるいはまったく剥けないこともあります。これは、真性包茎、かんとん包茎であり、このような人は手術しない限りは絶対に剥けません。子供のタートルネック・セーターを大人が着ようとしても、そもそも頭が抜けないのと同じです。無理するとセーターの首の部分が裂けてしまいます。ペニスも同じです。この習慣を始めるのが早ければ早いほど、剥ける可能性が高まります。

思春期を過ぎた包茎の対処

では、最後に思春期をすぎてしまった人はどうするべきでしょうか。もちろん、このような習慣だけで包茎が治るということは期待できません。どうしても包茎を治したいのならば手術ということになります。ですが、真性包茎やかんとん包茎と異なり、仮性包茎では剥くこと自体は容易です。そして、包茎は治らないにしても、このような習慣を実践することで、衛生面での包茎の問題点の多くは解消されます。また、早漏などの悩みを回避するのにも有益です。

手術を受けるにせよ、受けないにせよ、まずは上で述べた習慣を是非とも実践することをお勧めします。